花は紅梅 人は武士

アクセスカウンタ

zoom RSS おおきく振りかぶって 第23話 「ゲンミツに」

<<   作成日時 : 2007/09/21 04:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

おおきく振りかぶって 第23話 「ゲンミツに」
 そういえば・・・前から思ってたんですけど、
三橋くんておおきく振りかぶってなくね・・・。
おおきくどころか振りかぶってナイ!!
ランナーいなくても常にセットポジションからですよねぇ。
これはこれは。
確かー、ワインドアップポジションよりセットポジションのが
コントロールつくって言うのは聞いたことあります。
勿論球威は落ちますが・・・。
ワインドアップポジションでは軸が安定しにくい、というのが
あるんですよねー。
まあ、それも人それぞれなわけですけどぅ。
練習次第でどちらも大差なくできるようになる、とも。
三橋くんの9分割という緻密なコントロールも
それ故なんでしょうか?
いや、9分割でコントロールする為に常にのセットなのかな?
それにしたって「おおきく振りかぶって」ですけれども。。
・・・あれ、これもしかして今更なのか!?
大体アニメ23話まできて触れることじゃないのか!?
もう巷で話題になってたりしたのかい!?(←誰)

・・・まあいいか。
これから振りかぶるのかな!
確か、・・・あれこれ原作のネタバレになるのか?
じゃあ一応反転で・・。
桐青戦終わってまだ続く夏の予選。
崎玉VS岩槻西の試合見ながら阿部くんが
本人(三橋くん)が速い球投げたいっつーなら・・・
みたいなこと言ってた気がするので、球威上げる為に
三橋くんが振りかぶったりするのかな?
(タッちゃんなんか思いっきり投げたいときランナーいても
振りかぶってたもんね。)
9分割のコントロールはなくさないまま、無理なく球威
上げたい・・的なこと言っていましたよねー。
いやでもワインドアップポジションにしたらやっぱ
難しいのかなー。うーん・・。
崎玉戦での佐倉くんとの勝負からも若干の不安も覚えた
様子・・・でしたよね・・?
この先寝ないで努力してるような奴らを三橋一人で
かわしてくのか・・・。みたいな。
これは三橋くんにもパワーアップが必要なのでは・・!?
・・・とまあ勝手な予想してみた。


 さて、前記事は申し訳なかったです。
一人で楽しかったです。
うっかり見ちゃった方のドン引き具合が伝わってきます。
でも獣耳って素敵だろーい!!

 今回は試合のこれまで、得点シーンのダイジェストから
でしたねー。
こうしてみると、失点しながらも両バッテリー崩れませんね!
ビッグイニング大量失点ありません!
そのイニング毎の失点は常に最小に抑えてますもんねー。
とは言え西浦はさすがに頑張って頑張って得点して
必死で守ってギリギリ抑えてって感が否めなくもない気が。
サードランナーいるときが結構ありますもんね。
一方桐青は何か未知の相手に実力が発揮しきれてない
感じですかね。
そんな訳で手に汗握るシーソーゲームてヤツですね。

 そして遂に9回!!
3-4で桐青リード!!
そうです、この回で得点できなければもう、「負け」です。
西浦の攻撃は―9番 阿部くんから。
―おおぉー!!
タカニャン気合入ってます。(笑)
(いやだ、うっかり前回のなごりが・・・)
応援団も気合バッチリ。
タカヤコールに激しく混じりたかったよ・・!
1球目は空振り。
2球目は見逃しストライク。
したら梓がちょっとイラつきます
―ちっ、振れよいい球!
  なあ!振んなきゃ当たんねーぜ!
  最低1点入れなきゃなんだから先頭 大事だぞ!
  って、んなこたわかってんだろーけどさ!

何か久しぶりだよ梓!!
打順、5番で自分に回ってくるかわからないこの状況で、
今 打席に立ってる仲間に託すしかないもどかしさ
というかが伝わってきますよー。
どうにか勝ちたい、ってね。
一方若干冷静に今の状況を思う栄口くん。
緊張でお腹壊しちゃったりする辺りからも小心なのかな?
と思える栄口くんならではの視点、ですよね。
―桐青に対等な気持ちでいるのってスゴイことだよな!
気持ち的にいつも控えめだけどだからこそ大事なことちゃんと
忘れてなくて、なんか好きだなあ。。。
 友達が言ってた、ベンチからみんなそれぞれの声出し
してるのに三橋くんだけ曖昧・・・&漠然。(笑)
確かに!!
―広く広く!クサイ球カットー!
―狙え狙えー!
―次来るぞ、来るぞー!

(三橋くん)―だいじょぶー!!

・・・何が・・・?(笑)

3球目ボール。
―ボール見えてるよー!
(三橋くん)―打てるー!!

〜・・。・・・っっうん!よく声出してる!
三星ではこんな大声張らなかったんだろうなー・・。
応援ですらこのおぼつかなさ・・・!
でもこれがまた三橋くんらしくて阿部くんも
頑張ってくれちゃうんじゃないでしょーか。。
しかしここにきてまだまだ速球放れちゃう準太くんに、
タイミング合っていない阿部くん・・・。
和己先輩もこれなら速球が有効だと4球目も―!
しかしそこは阿部くんも強気でしかもいくら速球とは言え
同じ球の3球目です!
タイミング合わして・・・―打った!!
梓の命令により(笑)打球はフェア!
内野は抜けなかったけど阿部くん、
いや、タカニャンの全力疾走・・・
いや、一塁へタカニャンまっしぐら!
ネコまっしぐら!!
(←言いたいだけ)
―ニャロメ!
(笑)

(ホントこの回だけ感想見てる方には申し訳ない!!
またも前回のなごり・・、というか自分相当気に入ってます。
ネコネタ・・・!擬ネコ化!
おかげで手に汗握る展開も台無しーん

で。セーフ!!
先頭出ましたー!!
―9番が必死に走りやがって
多分タカニャンには一塁ベース上に
両手を広げて待ってる三橋くんかカ○カンかに入りまぐろ白身が
見えてたんだと思います。
(断言)
ここで和己先輩、そういやコーチャーが田島くんだわいな、
と思い出します。
それからひらめいた瞬間監督が立ったー!
でお馴染み(?)盗塁のサインが出せるのはこの田島くんだけ
だったとはよう。とランナー警戒。

 そして続くは1番泉くん。
好きだ!!(告白)
思い立ったので盛大にやってみた。
どうにかランナー刺したかった和己先輩ですが、
阿部くんゴォ!で泉くんはセーフティバント!
プッシュ!でボールは準太くんをすり抜け、
ファースト拾いますが、これまた一塁ぃぃ!!
まっしぐらな泉くんの勝ち!!
セーフ!!
いーんじゃないのー!!
素敵な展開なってきたよー!!
ノーアウト一、二塁!!

 2番栄口くん。
西浦執念の攻撃に流れを持っていかれかけてる事に
気付いた準太くん。
そう、このまま呑まれてしまってはダメだ、と分かっていますね。
そして田島くんがネクストバッターズサークルに入る前に
ランナー進めてくるはずだと見ている和己先輩は
ここでランナー刺さねば!
監督も1球やってみろい!と。
しかし田島くんも目ざとく気付いてるーん
準太くん1球目投げて、ボール!
、すぐさま和己先輩三塁へ送球。
田島くんはゴォサインは出してません。
ので、ランナー動いてません。
、和己先輩のその強肩ぶりを見せつけ、盗塁への牽制には
なったようですねー。
もう簡単に盗塁は出来そうにありゃーせん。

 (和己先輩)2番はここまで3打席バントだ、
→こいつバント野郎だな→川相目指してんのか?
→読み方同じだけど俺は「河合」だぜ。→え?そんなアピール
いらない?→そうだよな、こいつバントしすぎだって話だよな
→もうバント・栄口でいいんじゃねぇの。
→あれ、何かちょっとカッコ良くね?
バントの代名詞的存在になりつつあるよ、このネーミング!
→だめだ、そんなの!
→よし、ここは簡単にはやらせねぇ!

まあ、おおかたこんな心境だったんじゃないかと。(えぇ!?)
そして栄口くんが打ち上げてしまったストレートで勝負!
2球目の、その速さにビビッてしまった栄口くん。
ファールです。
いやぁ、実際のところ君は良くやってくれてるよ!(社長?)
あの速球にビビルのはあるよ。
3球目も、ファール。

 ここでモモカンからは速球まだ来るよ!とサインが。
しかしフォーク警戒してる栄口くんは何故にまだ速球が?と。
カウント2-1だし、当てられなさそうなフォーク来るんじゃないの?
てね。了解しながらも不思議そうな栄口くんに・・・、
巣山くんがタイムとってちゃんと教えてくれましたー!
そーそー、雨で湿ってるおかげで「抜く」球はコントロールが
効かなくなってる準太くんはフォークをしばらく投げてないんですね。
モモカンはしっかりそれに気付いておって、の指示だったと。
―だから次も速球来るぞ!
・・・はー、なるほどね。いやでもそれはそれで怖いんですけど!
だってあの速球だよ!?
―的な栄口くん。
やっぱり不安でここでも小心っぷりを発揮しちゃって思わず、
巣山くんを呼び止めて手を ギュ!
何にも・・・うまく言えないんだけど、あの、オレ・・・!
でもつないだ手から全部ちゃんと巣山くんに伝わったようです。
―できっぞ!
そして巣山くんからできっぞ!パワーが栄口くんに伝導!!
―おお!!
はーっ・・・
もうここ超絶好きだよ!!
思わず手握っちゃう栄口くんとか、何にも言ってないのに
巣山くんの返しが「できっぞ!」なのとか・・・!!
も、最高だよキミタチ!!花ざかりだよ!
アカデミー賞だよ!!二人手を繋いでレッドカーペットの上を
駆けていけばいいじゃないかッ・・・!!!


一見栄口くん、ついに思いを告白か・・!?的な場面だけど、
ギュ・・・・
―このバント成功したら・・・その・・っオレと・・・!
―できっぞ!!

みたいな妄想全然してない・・!!
そんなことしなかったよ!自分!!(・・・お前・・

 (桐青のみんな)―なんだあいつら・・
試合中にイチャコラしやがって・・

―この場面で?あいつらまだデキてないのか?
―勝ったら付き合おうとか、そーいうことでしょ。


・・・あーもー最悪だな!
恐るべき暴走だな!
妄想番長と名乗っていいですか!?

答えは聞いてない
(ちなみにこんなカプ今まで考えたことありませんぜ。
こんなシーンだから突発に思い浮かんだだけのネタでやんす。
二人は、いやみんな清い友情で結ばれてるハズです。)

・・・試合中だぜ。
相変わらず速球を要求する和己先輩。
そして何がなんでもきめてやるぜ!栄口くん!!
勇気出して、キッチリ決めてくれましたー!!
エライ!好きだ!!(浮気)
これで1アウト二、三塁。

 そして3番巣山くん!
指示はヒッティングのようですねー。
ストレートに絞って打つ!
―転がったら突っ込んでやる。
  ベンチで三橋が待ってんだ・・・!
(←言ってない)
1球目、空振り!
ここにきても衰えない準太くんのそのストレートはやはり
簡単じゃないようですねー。
2球目も、空振り。
そして3球目、全く 手が出せなかった、準太くん渾身の
シンカー・・・!
ストライク。三振。。。
をう、2アウト。

 それがコールドゲームでなければ必ずやってくる、
9回2アウトの場面・・・!!!

リードしているチームが守備ならばアウト「あと一つ」コールが
湧き上がり、
リードされているチームには言い知れない緊張感と焦燥感が
漂う、そんな場面・・・。
でも、野球は そこからだ といいます。
野球は9回2アウトから。
そしてここで打席に向かうは
4番 田島 悠一郎
(盛り上げてみた)
ベンチからの応援果てしないな!!(笑)
三橋くんがサンドの末酷い有様になってるけど!!
でもはっきしゆって超絶羨ましいかも!(おい)
水谷くんと梓のサンドだよー・・・。

だっはー・・・!!!
なんだ、田島神 あの「任せろ!」的リアクション!!
男3人一気に堕としやがった・・・!!
いや、男3人どこじゃないでしょ、
全国津々浦々北は北海道、南は沖縄までの老若男女を
虜にした瞬間だったね!!(これはさすがに言いすぎだろうが)
準太くんは、いや桐青はもう この打者で終わるつもりです。
いつも通りの初戦の終わりを、今日も。
1球目、ファール。
この打席でも集中力の途切れていない田島くんを見つつ、
それでも抑えられると見ているバッテリー。
2球目のシンカー がストライク。
これで もう カウント2-0。
スタンドからの必死の応援。
祈るようなハマちゃん。懇願だね。
―よし!
どうやら、4番の準備は整った。
そしてさっきのは訂正しようか。
野球は9回2アウト2ストライクから に。

 3球目―、これまで田島くんがいや、誰も一度も捕らえることの
できなかったシンカー!
それを・・・!あろうことかグリップずらして
打ったーーーーー!!!!!
―捕れ!
―弾道が低い!
―伸びろお!!

落ちたああああー!!
阿部くん還って同点
そして泉くん還って勝ち越しぃ!!
あー・・・これはもうね、鳥肌っした!
正直原作既読なんですけどキましたねー!
なんだろう、アレ。なんなの彼・・・!
前回ネコ化とかしてホントスミマセンでした(平謝り)
どうしようもなく4番だよー。
ベース上の雄叫びも素敵です・・・

 和己先輩も信じられません。
監督も敬遠させなかったこと後悔です。
それでもすぐに準太くんを立て直します。
この辺さすがですよね。
そして9回2アウト2ストライクからは桐青にとっても。

 続くは5番梓。
1球目、準太くん崩れず 絶好のシンカーでストライク。
この間田島くんは二盗。
梓、1球目のシンカーに呑まれてしまったようで
2球目のストレートに手が出ず。
3球目も見逃しで三振。
続きたかったけど残念!リード1点でチェンジです。

 この1点じゃあ全然セーフティリードじゃないことは
阿部くんも分かっていますが、それでも延長にさせるわけには。
相変わらず意味不明なリアクションの三橋くんを
奮い立たせ、最後の 守りに・・・!
―オレが打たれなければ・・・・・勝てる・・!!
そ!そだよ!!
こっからが正念場です!頑張って守ろうねー!!

 やー、しかし田島くんは神だなー
それに比べて自分はノミだなー・・・ミジンコでもいいや。
ゴキブリはやだ。
友達がすんげーゴキ嫌いなんだもん・・・。

それはさておき何か色々といろんな人に謝りたい気分です。
ていうか、ここまで読まれた方すごいですよ!
よくぞこんな長い駄文をここまで・・・!!
ホント何かしらスミマセンでしたー・・。

 お前、ゲンミツに腐ってんよ!

15-51

















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
おおきく振りかぶって 第23話「ゲンミツに」
おおきく振りかぶっての第23話を見ました。第23話 ゲンミツに1点差で迎えた西浦最後の攻撃。「うぉぉぉぉぉ!!」《うおっ、気合入ってんぜ》「松田、深見、攻撃最後だから頑張れよ!!」「おう!!」「あいよ!!」狙いうちに合わせて、隆也コールが応援席から響きます。《ぜっ... ...続きを見る
MAGI☆の日記
2007/09/21 12:43
レビュー・評価:おおきく振りかぶって/第23話 『ゲンミツに』
品質評価 0 / 萌え評価 50 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 0 / お色気評価 0 / 総合評価 8レビュー数 4 件 ...続きを見る
ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・...
2007/09/21 18:18
ゴキブリマン
シュ~~~~。ペチポン♪ ...続きを見る
日記でポン♪
2007/09/23 15:23
◎おおきく振りかぶって第23話「ゲンミツに」
ここまでのハイライトが流れ、一点差で、9回表の攻撃に。阿部の打席。しかし、追い込まれる。ハナイは勝つきだった。そして、みんなで応援。そして、内野安打で出塁する。タジマが... ...続きを見る
ぺろぺろキャンディー
2010/05/29 06:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おおきく振りかぶって 第23話 「ゲンミツに」 花は紅梅 人は武士/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる